経営を成功させる方法

ビル

大阪で初めて企業する際には、開業支援コンサル会社にサポートを依頼することをお勧めします。そういったコンサル会社は、起業・経営に関するノウハウを熟知しているため、適切なサポートを行なってくれるでしょう。

詳しくはこちら

美容院開業までの流れ

サロン

美容院を開業する際には、長い期間を掛けて計画を立てる必要があります。もし、経営に失敗したくないと考えているのであれば、開業や経営に関するノウハウを豊富に有しているコンサル会社にサポートしてもらうと良いでしょう。

詳しくはこちら

企業の後継者問題

街

日本に数多く存在する企業の中には、企業を引き継ぐ後継者がいないという企業が少なからず存在するでしょう。後継者がいない場合、その企業は廃業してしまう可能性があります。企業の廃業は深刻な問題であり、それを防ぐ策として事業承継と呼ばれる手段が考えられました。事業承継というのは、企業の所有する資産・株式・従業員を後継者に引き付く手段のことを指します。一般的に企業の後継者というのは現経営者の親族(子供含む)ですが、事業承継であれば親族に加え、従業員(役員含む)や第三者にも後継者することができるのです。

従業員へ事業承継する場合には、基本的に役員が株式を買い取って経営権を取得するか、従業員が株式を買い取って経営権を取得します。ただ、経営権を取得してくれる役員や従業員がいないケースもあるのです。そういった場合には、第三者に事業承継する必要があります。ここでいう第三者というのは、取引先企業等です。そういった企業に事業承継する際には、合併や買収によって経営権が譲渡されます。企業への経営権譲渡の場合、従業員の雇用や取引先企業との関係がどうなるのか不安になる企業も少なくないかと思いますが、それらも含めて継続されますので心配する必要はありません。多額の費用が掛かってしまいますが、企業が廃業になってしまうのを避けるためには必要な出費だと考えられます。もし、事業承継を行なわなかった場合、その企業に勤める従業員や取引を行なっている企業に経済的損失を与えることになるでしょう。また、事業承継に時間を掛け過ぎると、従業員・取引先企業の不安を煽ることになり、継続が決定した後の事業悪化が予想されます。そのため、事前に対策を行なっておくことが大切です。

資金繰りと節税

香港

日本企業において上海に現地法人を置く際には、香港に日本本社と上海法人との中間法人を置くことによって、自由度の高い資金繰りと節税といったメリットを得ることができます。ただし、会社設立が必須となりますので、注意が必要です。

詳しくはこちら